-----列車見張員、工事管理者の派遣、JR等鉄道会社への書類作成-----
常磐線日立〜いわき〜相馬周辺での、軌道、土木、伐採、造園工事、鉄道工事における保安工事、 除草作業は「いわきサービス開発株式会社」にお任せ下さい。

いわきサービス開発株式会社
>>伐採、除草へ<<

|安全への取り組み|


安全の先の安心を目指して
●安全を最優先するために

営業線における設備及び建設工事部門従事員の線路内作業等に伴う安全上必要な取り扱い について、列車見張員の注意力だけに依存する作業等は行わない体制とすることになって います。よって、列車運行と線路内作業の分離を図るため、線路閉鎖工事を保安体制の基 本と位置付け、線路閉鎖工事等によれない場合は、保安機器等を有効に組み合わせた保安 体制となり、必要な教育を受けた列車見張員を配置しなければなりません。


【 営業線における保安上のルール 】
営業線における保安上のルール

忘れてならない山手(貨)線の触車事故の対策
・列車見張員の注意力だけに頼る作業は原則禁止
・建築限界内は原則「線路閉鎖」による

いわきサービス開発(株)では、工事現場において具合の悪いお客様や作業員が出た時など、 「まさか」の時に備えて救急処置ができる様、 列車見張員の中にAED(自動体外式除細動器)を扱える 「普通救命資格」を有している者がおります。

【受講風景】
普通救命受講風景


―「普通救命資格」とは― 成人の心肺蘇生を柱とした「止血法」「体位管理」「応急手当」などを行うことのできる資格です。
  1. 成人の心肺蘇生法・・・観察→異物除去→気道確保→人工呼吸→心肺蘇生
  2. 止血法・・・・・・・・直接圧迫止血法、間接圧迫止血法
  3. 体位管理・・・・・・・昏睡体位、左側臥位、足側高位など
  4. 応急手当
●鉄道の営業線近接工事に伴う危険

1秒間の列車走行距離
列車見通し距離待避余裕距離について

「列車見通し距離」・・・・列車接近の合図があったときから、支障物等を確認して従事員が待避し、待避完了の合図を行う時間を確保する為に必要な作業の現場から列車進来地点までの距離をいいます。
「待避余裕距離」・・・・・・緊急に列車接近の合図があった時でも、従事員が待避する時間を確保する為に必要な作業等の現場から、列車進来地点までの距離をいいます。
列車見通し距離と待避余裕距離
●安全を確保するために

このような保安機器等を使用します。
軌道短絡器過般式
特殊信号発光機
TC型無線式
列車接近警報装置
列車接近警報装置
軌道短絡器 軌道短絡器 過般式特殊信号発光機 過般式特殊信号発光機 TC型無線式列車接近警報装置
受信機
列車接近警報装置 列車接近警報装置